0から100まで。

外資メーカーに勤める真面目系クズの備忘録

「毎日使う物は安いのに、たまに使う物は高い」これっておかしくね?

今、僕は外資系の消費財メーカーでセールスとして働いています。*1*2*3

半年ほど 消費財メーカーでセールスを経験してわかった事があります。

「価格を下げれば買いたい人は増えるし、上げれば買いたい人は減る」 *4

この傾向は消費財であるほど成り立ちやすいです。

たとえば、普段スーパーで売っているコーラが120円だとして

それが98円に値下げされていたら「安!!!」と多くの人が感じます。

けれども、100万円で売っている軽自動車が、99万9978円になっていても

「安!!!」と感じる人はそう多くありません。*5

 

同じ22円の値下げなのに、おかしいと思いませんか?

 

多くの人が、スーパーのチラシを睨みながら

「今日の豚肉は10円安い!!」と、安売り探しに時間と労力を費やします。

多くの人が、今日は給料日だからと

何も考えずに2000円するステーキ肉を買い物カゴに入れます。

 

この考えを逆転させた方が、時間も労力もお金も有効活用できるのでは?

 

毎日食べる豚肉なんだから、ちょっといい豚肉を買おう。

いくつものチラシを比べるのは時間がかかるし、やめたやめた。

家から一番近いスーパーに行けば、書い回る必要もない。

 

でも、たまには贅沢なステーキも食べたい。

たまに食べるステーキなんだから、ちょっとでも安く、良い牛肉を探そう。

色々なお店を比較して、一番オススメされたお肉を買おう。

 

 

この方がトータルとして使うお金が減る気がします。

安い製品って、雑に扱いがちで、すぐ捨てちゃったりするしね。

 

何が言いたいか

「毎日使う製品こそ、品質の良い製品を買って大事に使おうね。安物ばかりに目を奪われてたら結局損するよ」

 

メーカーのセールスからの 愚痴 希望でした。 

*1:毎日使い、段々無くなるものが消費財

*2:家電など長期に渡り消費されるものは耐久財、ひげ剃りなど数週間単位で買い換えるものは非耐久財

*3:かっこつけて"セールス"って書いてるけど、ただの営業マン

*4:需要曲線・供給曲線のお話。アダム・スミスの「見えざる手」

*5:"価格弾力性"の理論で説明されます。前者を価格弾力性が高い、後者を価格弾力性が低い