0から100まで。

外資メーカーに勤める真面目系クズの備忘録

劇場版【fate stay night heaven's feel 第2章】が面白すぎたので感想・考察まとめる

 先週の1/19(土)に、Fateの劇場版を見てきました。

家事終えて、趣味やって、新潟のお美味しい晩ご飯を食べた後に、好きなアニメの劇場版をレイトショーで見る。これが桃源郷か。私は幸せです。

ところで映画見た後って、みんなの感想見たくなるよね。

中でもいいなぁと思った「fate stay night heaven's feel 第2章」の感想・考察をまとめてみました。

新潟の劇場でもランキングトップ

prtimes.jp

nigatafate

PRtimesの記事で12日で興行収入10億突破やって

新潟の映画館もTOP飾ってました。(画像ブレててすいません・・・)

fate2moviepromotion

劇場で見ると特典としてクリアポスターファイルもらえます。

中身は劇場に来てからのお楽しみ。クオリティ高かったよ。

ちょっとだけ感想

感想に関しては、後述するまとめている方々が素晴らしい感想・考察を書いているので、僕からは作品内容には触れず簡潔な感想を3つ。

作画すごい

Fateシリーズの中でもzero*1と、staynight UBW*2の2作の作画を勤めた「ufotable」が作画を担当。

制作会社の作画レベルが凄すぎて、とにかく見てて気持ちがいい。

特にセイバーオルタとバーサーカーの戦闘シーンの派手さは映画館で見るべき。これ絶対。

↑Youtubeで「Fate 作画」で検索してTOPに出たやつ 

ストーリーが儚い&エログロい

ヒロインがいるんですよね。桜っていう紫の髪の女の子。

儚い。この一言。

ヒロインが報われない系のストーリーって昔から多くあります。*3

そういう作品が好きな人は絶対見よう。*4

音楽がいい

梶浦由紀さんが音楽担当している時点で勝ちゲー。

歴史秘話ヒストリアとか、まどマギとか、誰もは一回耳にした事ある音楽作ってる凄い方。映画冒頭で音楽が流れるんですが、その瞬間世界観に引き込まれます。 

以下、感想・考察まとめ

まとめる感想・考察の基準は以下の通り

  • 大体ネタバレありますので注意(感想見る人は見終えた人がほとんど?)
  • 「heaven's feel 2章 感想」で検索、Google10ページまで対象
  • クオリティの高い記事を選定
  • 独特の切り口で考察・感想をしている記事は優先
  • サイトポリシー見て貼っていいエントリーを選定
  • リンク削除申請はコメントしてください、早急に対応します
  • 「俺の記事がねぇぞ!」もコメントください
  • キュレーションサイト( 主に2chまとめ系)は非掲載

Google検索TOPの感想エントリー。

原作との比較によるエントリー

「鍵」が重要なアイテムと言及

各キャラクター毎の圧倒的文字量

物語のあらすじを簡潔に要約

「汗」の一言。あと文字量が凄い。けど読みやすい。

【Fate stay night heaven's feel 第2章】をまだ見ていない方へ

Fateって作品数が多くて、どれ見たらいいか分かんないんですよ

検索した多くの記事を参考にすると

Fate zero → Fate UBW →Fate heaven's feel 第1章

の3作品は最低限見とけ、とのこと。

サブスクリプションサービスで見るなら、Amazonが一番コスパ良い感じ。

zeroとUBWは無料で、heaven's feel第1章だけ購入すればOK

月間プラン¥400と、HD番レンタルで¥900の計¥1300で楽しめます。

既にPrime会員なら¥900だけですね。

Fate/Zero ¥0
Fate/Zero

Fate/Zero

 
Fate/stay night [Unlimited Blade Works ¥0
#00 プロローグ

#00 プロローグ

 
劇場版 Fate/stay night [Heaven'sFeel] I.presage flower ¥900

最後に

感想記事多すぎ

それだけ多くの人に愛され、素晴らしい作品である事を再認識。

ここに紹介しきれない記事もたくさんありますが、他人の感想を見るのってやっぱり面白い。

次回作を見た時は、上記のエントリ執筆者と同じくらい鋭い感想・考察を描きたいですね!

最後に制作陣の方へ この記事が目に届いてるとは思わないけど

2020年春、第3章の公開、めちゃくちゃ楽しみにしてます!!!

ぜひ体調に気をつけて、素晴らしい作品を創ってくださいね。

*1:物語の本筋の10年前を描いた前日譚

*2:物語の設定は同じだけど、結末が違う

*3:マッチ売りの少女とかまさにそれ

*4:ちなみにヒロインが報われない作品が好きな人を「マッチ売りの少女コンプレックス」って呼んでます