0から100まで。

外資メーカーに勤める真面目系クズの備忘録

外資系企業の先輩を見て感じた「仕事がデキる」3つの特徴

時の流れは早いもので、社会人になってから早くも1年が過ぎちゃった。

この1年間、ずっと考えてきたのは「仕事がデキる」とはどういうことか、という問*1

「あの人仕事デキるよね〜」という言葉は、多くの人が曖昧に使っている。

そこで、この記事では1年間を通じ、先輩を見て、また自分で考えた

「仕事がデキる」を3つに分解、言葉にしてまとめてみた。

研修真っ盛りの1年目の方などに読んでいただけると嬉しいです。

大前提=価値を創出できる

大前提として、仕事ができるというのは、価値を生み出せること。

価値を一言で言い表わすのは難しいですが、シンプルに資産を増やすもの、としておく。*2

特徴①仕事が早い Quickness

私の勤める会社で、一番責任のある顧客を担当しているセールスを観察していて思ったことは、とにかく仕事が早い。

タスクを振り分け、その場で終わる仕事ならばすぐに取り掛かる。

メールを送信したら大体30分以内に返事が帰ってくる。

これを理論として提唱したのが「GTD(Get thing done)」なのだろうけれど

それを体に染み込ませて、自然にできている人は「仕事がデキる」 

全面改訂版 はじめてのGTD ストレスフリーの整理術

全面改訂版 はじめてのGTD ストレスフリーの整理術

 

→GTDの古典

マンガでわかる! 幼稚園児でもできた!! タスク管理超入門 impress QuickBooks

マンガでわかる! 幼稚園児でもできた!! タスク管理超入門 impress QuickBooks

 

→こっちの方がわかりやすくまとまってます 

ちなみに、Quicknessは仕事だけじゃなくてプライベートでも大事で

友達と「飲み会を開く」というタスクを例にあげても

多くの人は「幹事めんどくせぇ・・・誰かやってくれるだろ」となって

結局なあなあになる(=ポシャる)ことが多い。

「飲み会を開く=場所、人数、日程を確認して電話で予約」

人数が少なければトータル5分もかからない作業なのに

「めんどくさい、後回し、誰かがやってくれるだろう」という心理が

僕らの生産性をガタ落ちさせているわけだ。

特徴②知識量が多い Knowledgeable/experienced

仕事ができる人は、知識量がダントツで多い。

ここでいう知識とは、製品知識や資格など、勉強をして身につけることができる知識と、経験から得た「使いこなせる」知識*3の両方を含む。

知識の多さは、作業量を減らし、考える時間も少なくしてくれる。

たとえば、エクセルの知識がある人は、ただ電卓を叩いている人よりも作業は早いし

フレームワークの知識がある人は、考える時間が少なくなる。

また、知識の多さは新しいものを生み出す源泉になる。

素早さとイノベーション、その両方を与えてくれるのが知識なんだ。

1年目と30年目の社員で大きく差がつくのはここだと思っていて

残念ながらどう逆立ちしても30年間の経験知にはかなうことはない。

けれども、本を読んだり誰も経験していない体験をするなど

ベテランに追いつけるように、知識を追い求めることはできる。

経験知をできる限り明文化しようとすることも大切だ。

問題解決大全――ビジネスや人生のハードルを乗り越える37のツール

問題解決大全――ビジネスや人生のハードルを乗り越える37のツール

 

 

アイデア大全――創造力とブレイクスルーを生み出す42のツール

アイデア大全――創造力とブレイクスルーを生み出す42のツール

 

 →この冊は何度もお世話になってます。

特徴③気遣いができる Sympathy

最後の特徴は気遣いだ。

言い換えれば「相手の立場に立って物事を考えることができる」こと。

言い換えれば「根回し」でもあるかもしれない。

 

もしあなたがチームで動いているのであれば、チームを円滑するために必要だし

市場を創造する際にも、消費者の視点に立つことがとても大切だ。

メールを一つ相手に送るだけでも

「相手がどうすれば読みやすいだろうか」

と考えて打つメールと、そうでないメールでは大違い。

社内・社外問わず、価値観が合う・合わないを問わず、敬意を払って仕事ができる人は、本当に仕事がデキると思う*4

プロカウンセラーの聞く技術

プロカウンセラーの聞く技術

 

 気遣いの前に、共感性を高めるには傾聴力が必須だと思う

できる人は必ず持っている一流の気くばり力 (単行本)

できる人は必ず持っている一流の気くばり力 (単行本)

 

 その上で気遣いを考えていったらいいんじゃなかろうか

おわりにかえて

最後に「仕事がデキる」特徴を3つあげたけれど

仕事や業界によってその配分は大きく異なると思う。

たとえば、弁護士や会計士なんかは②の知識がないとお話にならないし

自営業やベンチャー企業はイノベーションを起こす頻度が多いから

①と②が重要になるだろう。

反面、大企業で体育会気質な業界では③の気遣いが一番必要だったりして

社会人1年目の方、頑張ってくださいね。僕も頑張ります。

 

入社1年目の教科書

入社1年目の教科書

 

 →この記事で話した内容をさらに細分化、50のルールにまとめてます。

 

*1:仕事なんかさっさと終わらせて家でAmazonPrime見たい

*2:流動資産、固定資産、繰越・・・色々あるけれど、"信頼"とか"情報"のようなあやふやな資産も含んだ想定です

*3:経験知、暗黙知、実践知のイメージ

*4:八方美人になれといっている訳ではないよ