0から100まで。

外資メーカーに勤める真面目系クズの備忘録

『センスメイキング』が素晴らしい1冊だったのでスライドで紹介

本の要約スライド

センスメイキング

センスメイキング

 

※上記スライドで重要と感じた概念を抜粋

※本記事は上記スライドの補足と雑記を箇条書き

※間違ってるところがあればコメントで教えてください

全体を通じての感想

  • 著者STEM嫌いすぎワロタ
  • ハイデガー先生の影響がすごい。ハイデガー先生難しい。
  • 文章が読み難い(翻訳本の影響?)例示と結論が行ったり来たり
  • 人文科学と社会科学がなぜ、大事なのかを説明している
  • 第3章と第5章、第4章と第7章を連続で紹介してもよかったのでは
  • 第8章はまとめではなく、ハイデガー先生推しで終わる

第1章 世界を理解する

  • 第3章〜第7章までの内容を簡潔に要約している章
  • センスメイキングとは、人文科学に根ざした実践的な知の技法
  • 「実践知」を人文科学から持ってくるには?*1
  • 社会科学のことを忘れてあげないでください*2
  • フォード社の技術一辺倒はよくある。引き合いに出されすぎて可哀想
  • スターバックスの例*3は面白かった

第2章 シリコンバレーという心理状態

  • GAFA*4やUber,Paypalをあげ、データ至上主義に警鐘
  • 何事も技術が解決していくれるという考え方はヤバイ
  • QS自己定量化 :何事も数値に置き換えるべきってどうなの
  • ビッグデータの危うさを、Googleインフルトレンドで説明

第3章 「個人」ではなく「文化」を

  • 冒頭のアリストテレス『政治学』の引用がイイ!

社会は個人よりも上位にある。共同を生活を送ることができない者

あるいは自給自足をしているがゆえにその必要がなく、社会に参加

しない者がいるとすれば、それは獣か神である。

ーアリストテレス『政治学』

  • 上記引用に「社会的文脈」の意味が含まれている
  • 我々が人間たる所以、デカルトの「我思う、故に我あり」とハイデガーの存在を対比
  • マーケティング論でいう「ドリルの穴」と似た概念と感じた
  • フォード社の車、リンカーンを例示
  • 「意味の連なり」これは「ドリルの穴」をより発展させた考えかも*5
  • 脳損傷をおった女性の例示で、自然科学の限界を提言
  • ドレイファスによる新たなスキルを身に着ける段階
  • 第一段階は「初心者レベル」で文脈に依存しない要素
  • 第二段階は、「新人レベル」で、経験に応じてパターンを認識できる状態
  • 第三段階は、「一人前レベル」で、階層構造の意思決定手段を持つ状態
  • 第四段階は、「中堅レベル」で、迅速で流動的、複雑な行動が可能
  • 第五段階は、「達人レベル」で、頭で考える余地がほとんどない
  • ジャズの達人レベルはほぼ頭で考えて演奏をしていない、無意識のレベル

第4章 単なる「薄いデータ」ではなく「厚いデータ」を

  • 稀代の投資家、ジョージ・ソロスの成功エピソード
  • 反証可能性というカール・ポパーの概念紹介
  • 客観的知識、主観的知識、共有知識、5感で得られる知識(直観?)の4つの知識
  • 本ばっか読まずに、街に出て、人と話せ
  • 厚い記述に関しては、佐藤郁哉教授の本を読んだ方がわかりやすい
  • 「エスノグラフィー」 問題解決大全に掲載
フィールドワーク―書を持って街へ出よう (ワードマップ)

フィールドワーク―書を持って街へ出よう (ワードマップ)

 
問題解決大全――ビジネスや人生のハードルを乗り越える37のツール

問題解決大全――ビジネスや人生のハードルを乗り越える37のツール

 

第5章 「動物園」ではなく「サバンナ」を

  • フッサールの「カッコに入れる」行為 判断保留 エポケー
  • エポケーは「ドリルの穴」を見つけるのに大事?
  • ここら辺からハイデガーがどんどん出てきます
  • 「正しい」と「真実」の解釈。少し分かりにくい。客観的と主観的に近い?
  • ローマのナヴォーナ広場が例に。実際に行ったけど、確かにあれは凄い。

第6章 「生産性」ではなく「創造性」を

  • 「恵み」という表現はよく使われている
  • 似たような言葉で「ユーレカ!」が思い浮かんだ*6
  • 創造性と人文科学を、アブダクションを使って結びつけている
  • しかし、アブダクションも帰納法の一部なのでは?
  • 枚挙帰納法、仮説推論、類推(アナロジー)は全て一緒と感じるのだが・・・
  • デザイン思考への批判が本作最も面白い点。筆者の感情が爆発している。
  • 確かにこんな奴大学にいたわ。所謂「意識高い系」
  • 筆者絶対に意識高い系嫌いやろって思った

第7章 「GPS」ではなく「北極星」を

  • 何にでも関心を持つことが大事
  • 急にハイデガーの技術論
  • 意味のある違いは、確かに今の時代必須かも
  • むしろ才能のない文系大学生はセンスメイキング 鍛えた方が望みあると思う
  • もちろん両方の知識は必要だと思うけど
  • リスクを取る大切さ=ルールを捨て、ありきたりな行動を辞め、自分独自の方法で世界を体験しなければならない=意味のある違い

第8章 人は何のために存在するのか

  • 人は何のために存在するのか
  • 人は、意味をつくり出し、意味を解釈するために存在するのだ
  • 人文科学の分野はこの考えのトレーニングとなる

補足・参考URL

tsuka-ryo.hatenablog.com

アブダクションと帰納法に関する記事

非常に面白かったです

president.jp

プレジデント社の記事、あらゆる業界で活躍する人のお話

センスメイキングを読んでから読むととても面白い 

*1:実践知=フロネシス アリストテレスが提唱、経験知とか暗黙知も似た概念?

*2:筆者の中では人文科学の中に社会科学も含む?

*3:ハワード・シュルツのストーリー

*4:Goolge,Amazon,Facebook,Appleの頭文字

*5:大学時代に勉強したような記憶があるけど、思い出せない

*6:映画のインターステラーで出てきたよね